logo

松 たか子 映画 最新

人殺しに関わった生徒の母親。 父親は仕事で不在がちで、長女は東京の大学に通っており、息子とほぼ2人暮らし。 息子を溺愛している。 自分の息子は主犯の少年Aにそそのかされた被害者だと思っており、罪の意識は皆無。 1. 1月25日~26日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)。ベスト10中、2作品も松たか子(42)の出演作がランクインしている。現在、各地の. 主な映画出演作品 4. The Rose 歌詞 解釈; お父さんと呼ばせて 最終回 動画; 別れの曲 ショパン 意味. See full list on cinemarche.

松たか子さんの髪型は清潔感があっていつも素敵で、同年代のアラフォー世代に人気を集めています。 最新のヘアスタイルは「ノーサイドゲーム」ショートですが、歴代の過去の髪型や松たか子さんに似合うヘアスタイルは結局どんな髪型なのか. ヒット作品を次々と生み出す岩井俊二の最新映画「ラストレター」が公開中だ。sns時代に「手紙」を題材にした意図とは? 松 たか子 映画 最新 監督の岩井と主演の松. 松たか子主演の映画「告白」。 106分の作品ですが、冒頭の開始30分は松たか子さんが演じる「森口悠子先生」の告白から始まります。 この30分は長く感じません。 松 たか子 映画 最新 静かな語り口調ですが、ゆっくりと丁寧に力強く、怒りを抑えて語り続けていく姿には鳥肌がたちました。森口先生の覚悟をリアルに感じました。 終業式後のホームルームで滔々(とうとう)と語り続ける森口先生、しかし、明日から春休みで頭の中が一杯な生徒は話を聞かずに喋り続ける。 それでも御構い無しに喋り続ける森口先生は徐々に自分の身の上話を話はじめ、愛娘が学校のプールでなくなったこと、事故ではなく殺人事件であり犯人の少年A, Bがクラスにいること、少年2人にはある罠を施したことを話す。 この告白がこの映画の土台となり、一言一句聞き逃してはいけない。 この後、森口先生こと松たか子さんは画面から姿を消しますが、その存在感は残り続けます。 森口先生を理解している生徒、北原 美月(橋本愛)が森口先生に手紙を通じて語るという手法を用いることで、存在感が消えないのです。 2年に進級したクラスで起きる1つ1つの事件は全て森口先生が不在の状態で進行していくが、確実に少年A, Bを追い詰めていく。 そして、映画の77分過ぎ(残り26分)から松たか子が再登場してくる。 30分の冒頭シーンとはうって変わって感情をむき出しにして、元教え子北原 美月に復讐の手法を告白します。 法律を犯さず、少年法で守られた元教え子に復讐を果たす森口先生。 とにかく怖い。 怖い女性を演じた松たか子の演技が最強にすごかったです。 松たか子さんのファンになってしまったかもしれません。 1.

出生地 熊本県熊本市 4. 阿部サダヲ、月川翔、坂元裕二、松たか子、楳田 佳香、スイッチの最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画. 俳優 橋本 愛 2. パパはわるものチャンピオン()/大村詩織 役 4. . 映画『ラストレター』が、年1月17日(金)に公開。主演・松たか子×岩井俊二監督。 岩井俊二監督の描く、世代を超えた淡いラブストーリー. 松たか子に関するニュース・速報一覧。松たか子の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。/12/10 - 松たか子の『野暮用』に仰天 「かっこよすぎる!」「笑った」 - 年12月8日、俳優の大泉洋さんとタレントのウエンツ瑛士さんが、バラエティ番組『火曜サプライズ.

寝る前 牛乳 子供; Windows標準 圧縮 パスワード. 松 たか子 映画 最新 アラフォー世代にはお手本にもなる. See full list on ebizo-ichikawa.

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章()/虹村形兆 役. 松 たか子 映画 最新 めちゃくちゃ怖いです、この映画。 人間の怒り、悲しみ、苦しみ、戸惑い、そういった負の感情に真っ向から向き合い、表現した映画です。原作はまだ読んでいませんが、脚本が緻密に計算されつくされており、何度観てもスキがありません。 1週間に3回観ました。 松 たか子 映画 最新 あらすじと同じ話の繰り返しになるが、1年B組の女性教諭 森口悠子(松たか子)は幼い愛娘の愛美(芦田愛菜)が学校のプールで、遺体で発見された。 愛娘の死は、警察が事故として処理を終えていた。 しかし、森口先生が独自に調査した結果、「真犯人がクラスに2人いる」と、3月の終業式に告白する。 母親であり担任である森口悠子先生は、事件を蒸し返して警察に報告するようなことはしない、とクラス生徒全員の前で告げる。 理由は法律の手に委ねても、刑法41条により無罪になり、保護観察処分になるだけで意味がなくなるため。 「誤った生徒を正しい道に導くその責任があります」と森口悠子先生は話しつづける。 でも、本当の理由は違いました。 その理由は映画を観終えると分かります。 愛娘を殺した事を全く悪びれる様子もなく自慢げに話す生徒や、人殺しの息子をかばい謝罪もしない保護者などに、どこにもぶつけられない憤りを感じた森口先生。 そして、今月で教員を辞めて学校を去るという森口先生。 実はこのとき復讐の狼煙(のろし)は上がっていたのです。 加害者の少年2人の命を守るはずの少年法を逆に利用したもっとも怖い復讐の狼煙が。 少年法の問題点を浮き彫りにする作品でもありますが、この作品はそんな枠には収まりきらない作品だと思います。 クラスが2年になってもクラス替えがなかったため、事件のことをみんな覚えている。 担任は新しく寺田 良輝先生(岡田将生)が担当するが、警察以上の事実は知らない。 森口先生は既に学校を去っているが、殺人に関わった生徒2人は次々とクラスの生徒たちの未熟で残酷な暴力に追い詰められていく。 最高にクールで怖い復讐のストーリーです。. オズランド 笑顔の魔法おしえます。()/玉地弥生 役 4. 「虫の知らせ」とは、よくないことが起こりそうな気がすることや悪い予感がした際に使用される言葉です。 田原秀樹が働く会社に“アレ”が来たのは、その後の展開の「虫の知らせ」だともいえます。 古来から人の体内には虫が棲むと信じられ、意識や感情にさまざまな影響を与えるものだと考えられてきました。 潜在意識や感情の動きをみせた時に、予知能力としての「第六感」や「霊感」など、予見した情報が「虫の知らせ」です。 どちらかといえば一般的には、あまり良いお知らせではないものを、「虫の知らせ」で知ったという事象が多く、親しい人が亡くなったり、災いの知らせがあったりするのが主なものです。 また、その他にも「虫」が体内に棲むからこそ使用する言葉は、次のように例えられます。 秀樹のイクメンぶりの行為は「虫がいい」。 後輩の高梨や親友の津田は秀樹のことを「虫が好かない」。 育児に疲れた加奈は娘の知紗に対して「虫のいどころが悪い」。 虫のつく言葉が古くから用いられた理由は、体内を虫がいて、時おりアチラコチラと動き出したり、時に体内から抜け出して、その人間に何かを知らせるという道教にある教えが由来した語源だとさ.

松たか子、復帰後の出演映画はキムタクと共演したあの大ヒットドラマ? 最近ドラマが視聴率で苦戦している中で、松たか子がヒロインを務めた第一弾では平均視聴率34.3%、第二弾でも21.3%と驚異的な視聴率を記録したキムタク主演の『HERO』。. 森口悠子先生の教え子で、事件のあったクラスの委員長。 2年になって森口悠子先生がいなくなったクラスを客観的に観ており、クラスの異常性を不安視している。 1. 最新シングルで史上初の快挙! 70歳のヒーロー小田和正が走り続ける理由. 阿部サダヲ&松たか子「相性100%」の再共演!坂元裕二脚本spドラマ「スイッチ」 舞台や映画で何度も共演してきた阿部サダヲと松たか子が強力.

岩井俊二監督の最新作 (C)「ラストレター」製作委員会 映画. とある中学校の1年B組。3月25日の終業式後のホームルーム。 担任の女性教諭 森口悠子は3月で教員を辞めることを告げる。 そして、愛娘が学校のプールで死んだ事件は殺人事件だったと告白する。 その犯人はこのクラスの中に2人いると。 警察は事故として処理したため、今更蒸し返すつもりもないという。 犯人を少年A, Bと呼ぶ森口だが、彼女の告白により犯人が誰なのかクラス中に伝わる。 そして、森口は少年法で守られた 2人の少年に“ある仕掛け”を施して学校を去る。 クラス替えされず、そのまま進級し2年の春を迎える生徒たち。 そこには差別という新しい秩序がうまれていた。 残酷すぎる少年たちの新しい秩序が少年A, B の 2人を追い詰めるが・・・. 家族のはなし(年)/主演・小林拓也 役 4. 映画監督・岩井俊二の最新作『Last Letter』(年公開)が映画化されることが3日、明らかになった。松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治ら. 俳優・俳優「松たか子(マツタカコ,Takako Matsu,マツタカコ,Takako Matsu)」が携わった映画31作品を紹介。「峠 最後のサムライ」の出演。「ラストレター(年1月17日(金)公開)」の出演(岸辺野裕里 松 たか子 映画 最新 役)。. 国籍 日本(ロンドン生まれ) 松 たか子 映画 最新 4. (C)「来る」製作委員会 物語は、妻夫木聡演じる田原秀樹が、親族の13回忌の法要に恋人の加奈を連れて行く場面から始まります。 秀樹と加奈は結婚をし、幸せな新婚生活を過ごしていました。 そんな時、秀樹の会社に謎の来訪者が現れます。 取り次いだ後輩の高梨に「知紗さんの件で」との伝言を残していきます。 知紗とは妊娠して身ごもった加奈のお腹の子に名づけた名前でした。 何故その名前を知っているのか不可解さに秀樹は戦慄を覚えます。 結局、来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩の高梨が大怪我を負い、まるで呪いをかけられたのような謎の死を遂げます。 それから、約2年の月日が経ち、秀樹の周囲で不可思議な出来事が次々と起こります。 不安にかられた秀樹は、親友で民俗学の准教授の津田を通じて、野崎というルポライターと霊能力者真琴を紹介してもらいました。 真琴は出会ったばかりの秀樹に、妻の加奈と娘の知紗を大切にしてあげて欲しいと告げると、秀樹は憤慨してその場を立ち去ります。 心配を募らせた真琴は、独自に身につけた霊能力で“アレ”と対峙しますが、そのことが却って“アレ”を刺激して、力を与えてしまいます。 怯える秀樹と加奈、そして知紗を前に真琴が手に負えずにいると、謎の“アレ”の存在を察知した国内一の霊媒師で、真琴の姉琴子から連絡が来ました。 やがて、琴子は“アレ”を調伏するために全国から霊能の猛者たちを召集するのですが、その半数を失ってしまい. 生年月日 1977年6月10日 3.

松 たか子 映画 最新 See full list on miyakawa. 三浦友和・松たか子の大河ロマン紀行〜生きていた百年の夢・流氷の科学者 岡崎文吉(1999年、日本テレビ). 嫌な女()/小谷夏子 役 4. 女優の松たか子が、岩井俊二監督の新作映画『Last Letter』に主演することが3日、明らかになった。松にとって、初主演映画『四月物語』(1998. なぜ本作『来る』の劇中に、多くの虫が登場したのでしょう。 国内随一の霊能力者である琴子は、“アレ”を撃退するお祓いの最中に、血液に混じったムシ(幼虫)を吐き出しました。 またマンションの外部でも、お祓いに参加した神官が、同じようにムシを吐き出して倒れこみます。 “アレ”の存在によって弱みに付け込まれた者のすべてが、体内からムシを吐き出しています。 そもそも昔から人体の中に、ムシが棲んでいるとされることからきています。 この記事ではムシに注目して解説をしていきます。. ここは退屈迎えに来て()/主演 私 役 4. 初顔合わせということで、まずはお互いの印象について尋ねてみると、岡田は松について「1つ1つの仕事をすごく大切にされている方。女優業もそうですが、音楽も1音1音を大事にして歌われているイメージです」と、彼女の仕事に向かう姿勢を称賛する。. 生年月日 1996年1月12日 3.

阿部サダヲ、月川翔、坂元裕二、松たか子、スイッチの最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報と. 。. 俳優 木村佳乃 2. 来る()/比嘉琴子b役 4. 今回は松たか子、神木隆之介、後藤剛範、大倉孝二と錚々たるメンバーが集結する。 出来上がった作品を観ることがテレビドラマ、映画、演劇などの世界では当たり前。しかし「稽古場のほうが絶対におもしろい!. 松たか子さんが演じる森口悠子の残忍で狂気に満ちた復讐劇が見せ場ではあるが、演じきった演技力というか表現力に脱帽しました。 改めて俳優さんはすごいなと思います。 そして、俳優の魅力を引き出した中島哲也監督もすごい。 映画作りにはもちろん、製作や撮影、音楽・音響、ライト、衣装いろんな要素があって表現できるものだけど、最後にまとめた監督はやっぱり大事だと思うんですよ。 松たか子さん、中島哲也監督共にファンになりました。 映画「来る」もよかったですが、今後の作品にもすごく期待したいと思います。 以上、『映画「告白()」原作:湊かなえ(中島哲也監督、主演松たか子)レビュー』でした。 最後までお読みいただきありがとうございました。 面白かったら、いいね、シェア、ブログへのリンクもお願いします。.

See full list on movie. 寄生獣 完結編()/村野里美 役. 主演の松たか子さんに続き、さらに若手人気ナンバーワンとも言える広瀬すずさんや、森七奈さん、庵野秀明さんや神木隆之介さん、豊川悦司さん、中山美穂さんと言った超豪華キャストが集結したことでも話題の映画です。 監督は『Love Letter』『スワロウテイル』でも有名で、叙情的作品の天才とも呼ばれる岩井俊二監督です。.

· 【年最新版】歌手・女優として活躍中の松たか子。黒髪ショートなど知的でクールな印象的で誰からも好かれる清楚な髪型が魅力的ですよね。松たか子風の髪型にするオーダー方法を〈ショート〉〈セミロング〉〈ロング〉など長さ別にご紹介します。. 生年月日 1989年8月15日 3. そらのレストラン(年1月25日公開予定)/神戸 役 4.

岡田と松のほか、メインキャストとして妻夫木聡、小松菜奈、黒木華といった日本映画界が誇る豪華な布陣を迎えた本作。岡田は、中島監督から直々にオカルトライターの野崎役のオファーを受けたそう。「中島監督から『やってほしい』という手紙をいただきました。手紙でのオファーは、『告白』の時の松さん以来だったと、スタッフさんから聞きまして。なにも言うことはない、監督を信じてついていくだけだと思いました」。 最初に登場するのは、イクメンの田原秀樹(妻夫木聡)。彼の周りで、超常現象のような不可解な出来事が連発する。田原は妻・香奈(黒木華)や幼い娘・知紗に危害が及ぶことを恐れ、オカルトライターの野崎和浩(岡田准一)に調査を依頼。野崎に紹介された霊媒師の血を引くキャバ嬢の比嘉真琴(小松菜奈)が、田原家に憑いている“なにか”を追い払おうとするが手に負えず、彼女の姉で最強の霊媒師である比嘉琴子(松たか子)を迎えることになる。 中島監督が手掛けた脚本は、語り手が異なる3章から構成された原作小説を踏まえており、最初に妻夫木演じる田原のエピソードがひたすら展開され、岡田たちがスクリーンに登場するのは、映画が始まってからしばらく経ったあとだ。 岡田は、脚本について「すばらしかったです。読むのが怖かったです」と語り、「構成力がすごい。こちらも言うことがないと思いました」と圧倒された様子。. この映画を見終わった後には、しっかりと希望や慰めを与えてくれる温かい映画なので、最近心が揺さぶられるような体験をしていないひとには大変おすすめです。 主演の松たか子さんの演技は秀一で、その浅ましく小賢しい言動にイライラしてしまう場面もあるかもしれません。 さらにそれを引き立てるのが、小説家役の福山雅治さんです。 かっこいい役やインテリジェントな役も多い福山さんですが、今回こちらで演じたのは中途半端でしょぼくれた中年小説家役です。 見た目はもちろん申し分なくイケメンの福山さんですが、あの顔面でこんなに情けない役を好演できるのは、彼の才能と言っても過言ではないでしょう。 そんな俳優陣たちの一つ一つの表情はもちろんのこと、美しい自然の背景も一つ一つ丁寧で綺麗に描き一つの世界を作っている岩井俊二監督の最新作である「ラストレター」、まだご覧になっていない人は是非近い将来に鑑賞してもらうことをおすすめします。 今回もご覧いただき有難うございました。. ぴあ映画生活ニュース:岩井俊二監督最新作に、松たか子が主演 『Last Letter』映画化決定|ニュース|映画情報のぴあ映画生活. 映画 アカデミー賞授賞式で歌唱決定. .

松たか子が出演/製作した最新映画や、作品の一覧、フィルモグラフィーをチェックできます!峠 最後のサムライ(年6月. 本作『来る』は大きく3部構成で作られた物語です。 第1部は田原秀樹を中心に描き、彼が“アレ”に殺される直前から、走馬灯のように幼少の山での出来事や結婚及び新婚生活、そして知紗の誕生と思い出していきます。 第2部はシングルマザーの香奈と娘の知紗の生活。ここでネグレストであった香奈の母親と香奈自身が同一化していく様子が描かれます。 第3部は琴子や野崎たちと“アレ”の全面対決でした。 この第1部から第3部まで、一貫して登場しているのがムシ(幼虫)の存在です。 幼い頃の秀樹の前にいた少女知紗は、両親からネグレストの虐待を受けていたと、13回忌の法要に出席していた秀樹の親族が呟いていました。 少女知紗は、生きていることの恐怖と死への魅力(好奇心)に惹かれており、おそらく自傷行為をするとともに、昆虫の命を殺めていました。 アゲハ蝶の羽根をむしり取り、大量の蝶を踏みつけていました。 それだけでなく、アブラゼミの体に小さな蟻たちが集り、蝕み食する様子を興味深く見つめています。 知紗の赤い靴や赤いランドセルに幼虫は群がり、加奈は自分の腕に這う幼虫を見つめ笑みをこぼし、琴子は“アレ”に憑依されると血. mc: 松さん、改めまして映画の完成、おめでとうございます! (会場:拍手) 松さん: ありがとうございます。 mc: 松さん、岩井俊二監督とは「四月物語」(1998年公開/監督:岩井俊二/主演:松たか子)から20年ぐらいのお付き合いとなりますよね。. 15 Blu-ray&DVD発売。 『Love Letter』『スワロウテイル』『花とアリス』の岩井俊二監督最新作!出演:松たか子 広瀬すず 庵野秀明 森七菜 神木隆之介 福山雅治. 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫) 【公開】 年(日本映画) 【企画・プロデュース】 川村元気 【原作】 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫) 【脚本・監督】 中島哲也 【キャスト】 岡田准一、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡、青木崇高、柴田理恵、太賀、志田愛珠、蜷川みほ、伊集院光、石田えり、西川晃啓、松本康太、小澤慎一朗 【作品概要】 代表作『嫌われ松子の一生』『告白』『渇き。』で知られる中島哲也監督が、第22回日本ホラー大賞にて大賞を獲得した澤村伊智の小説『ぼぎわんが、来る』を実写映画化。 実力演技派の岡田准一を主演に迎え、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡ら注目のキャストで魅せる必見のホラー・エンターテイメント作品。.

出生地 東京都 4. 年に公開された映画『マスカレード・ホテル』。 東野圭吾さんの同名小説の映画化で、木村拓哉さん主演で長澤まさみさん、松たか子さんや小日向文世さん、渡部篤郎さん、菜々緒さん、前田敦子さんなど豪華俳優陣が集結しました。. 映画『夢売るふたり』松たか子&阿部サダヲ 単独インタビュー.

泣き虫しょったんの奇跡()/鹿島澤佳子 役. 俳優 岡田 将生(おかだまさき) 2. 広瀬すず&松たか子、美女2ショットにファン歓喜「2人とも大好き」 - 来年1月公開の映画『ラストレター』の公式ツイッターが18日、主演を. 松たか子に関連する記事や作品の一覧です。人物情報 - クランクイン!は、映画、tvドラマ、海外ドラマ、アニメ、コミック、海外セレブ. 松にとっては、『告白』(10)以来、8年ぶりの中島組となった。「中島監督から『今回の琴子さんにはユーモアがあります』と言われたので、彼女の行動自体がユーモアである、というふうになればいいなと思い演じました」。 松が演じた沈着冷静な霊媒師の琴子は、日本人形のようなストレートのロングヘアで、顔に傷があり、かなりの異彩を放つ。岡田は、初めて琴子を見た時に「『外見だけで迫力があった』と。松さん自身のナチュラルなイメージと全然違っていて、そのギャップがとても素敵でしたね。雰囲気だけであそこまで迫力を出せる方はなかなかいない」と相当驚いたそうだ。 松によれば、衣装合わせの時、琴子の衣装は2パターンが用意されていたそう。「現場に行って初めてこっちの衣装になったとわかりましたし、顔に傷があることもその時に知ったんです(笑)。自分としては、そのインパクトになんとかしがみついていくしかないと思いました」。 岡田が演じた野崎はワイルドな髭を生やしているが、髪型はもちろん、髭の長さも6mmと指定されていたようだ。「監督のなかで、キャラクターのビジュアルが決まっていました。最近の僕は、武士など強靭な役が多かったけれど、今回はもう少し繊細な部分が欲しいということでした。演出も細やかで、感情表現についても、例えば『角砂糖を2個入れて欲しい』ということではなく、『3粒減らして欲しい』というような微妙なさじ加減の指示が入りましたが、とても楽しかったです」。 後編で怒涛の展開を見せる本作。松が演じた琴子は、激しいお祓いをするシーンがあるが、そのやりとりはどこか滑稽だ。「真面目に祓う人をきっちりやり切ることで、緊迫したシーンなのにどことなく『この人、可笑しい。ヤバイ』となるので、どれだけ笑ってもらえるのかが大事だと思いました。そうなると、琴子がどんどんおもしろい人に思えてきて、演じることがだんだん楽しくなっていきました」。 CMディレクターらしい緻密さと斬新さを兼ね備えた中島作品で、これまでにない新鮮な役どころを演じた2人。岡田が中島監督について「ホラーの怖さのなかで、人間そのものの怖さを撮る監督」と称していたが、映画を観終わったあと、その言葉を改めて思い知らされそうだ。 取材・文/山崎 伸子. 寺田 良輝(てらだ よしき). クラス替えなしで2年になった生徒たちの担任になった寺田良輝先生。 森口先生と違って熱血先生で、生徒に親身であろうと努力する姿が滑稽に見える。 愛称で自分を呼ぶことを生徒に求め、初対面の生徒たちを初日から下の名前で呼びかけ、フレンドリーさを必死に演出する。 1.

中島哲也監督を始めて知ったのは現在、公開中の映画「来る」でした。 代表作として「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」、「告白」、「渇き。」など有名な映画がたくさんありますが、ジャンル的に関心がなかったので、これまで観たことがありませんでした。 今回、映画「来る」は新機軸のホラーエンターテインメントとして最高に面白かったです。 岡田准一さんが主演されていますが、松たか子さんを初めとして出演者がみんなかっこよかった。 映画「来る」を観て、中島哲也監督の手法で目を見張ったのは、「人間」の表現の仕方でした。 人間の多面性の掘り下げ方、見せ方の両方がとても暴力的で、恐ろしかった。 ホラー映画をホラー映画たらしめている要素部分ももちろん怖いですが、それ以前に「人間も非常に怖い」と感じさせられました。 映画「告白」ですが、映画「来る」で表現された人間たちよりもものすごく人間が怖かったし、観ていて背筋が凍る思いをしました。 外面と本音の部分をうまくミスリードさせて、怖さを倍増させています。 復讐する森口先生も怖いですが、殺人を犯した少年 A, B、人殺しの息子をかばう母親、加害者の少年を集団でいじめる子どもたち全員が多面性を持っており非常に恐ろしい。 R-15指定(15歳未満禁止)の理由が分かります。 中島哲也監督のもう1つの映画「渇き。」には、映画「来る」に出演している妻夫木聡さんと、小松菜奈さんも出演しています。 この「渇き。」も人間の本質的な部分が見え隠れしていて怖かったです。. 星ガ丘ワンダーランド()/清川爽子 役. 俳優 松たか子 2. この映画は、岩井俊二監督の出身地である宮城県を舞台に、ひょんな手紙の行き違いから始まった二つの世代の男女間の恋愛模様やそれぞれの世代の心の成長や葛藤を描いた至極のラブストーリーです。 さまざまなソーシャルネットワーキングサービスが流行している昨今において、手紙で織りなすラブストーリーはどこか懐かしく、どんな人でも自分の青春時代をふと思い出してしまうノスタルジックな映画です。 少しデジタル社会に疲れてしまった大人には、「アナログもやっぱり良かったな」と思い出させてくれそうな独特な匂いのある作品になっています。 安定感と実力のある松たか子さんと福山雅治さんはもちろんのこと、劇中で広瀬すずさんと森七菜さんが演じる青春時代は、みずみずしく爽やかに演じられており、一人二役を演じる広瀬すずさんの演技にも注目してもらいたい作品ではないでしょうか。 テクノロジーが毎日ものすごいスピードで進化する現代において、世界中の情報が瞬時に手に入ってしまう反面、身近な人や大切な人の本当の気持ちはわかっていない人も多いはずです。 松たか子さんと福山雅治さんが丁寧に演じる大人の世界は、現代でありながらどこかセピア調の独特な雰囲気が映画の世界観を彩っています。 また岩井俊二監督特有の、すれ違った手紙が生み出す登場人物たちの運命の交差は、どこかもどかしく、切なく、微笑ましいストーリー展開はさすがです。 その過去がどんどん解き明かされていく展開に目が離せず、見ている人の心もどんどん動かされていきます。 そのラストは、しっかり胸を暖かくしてくれ、思わず涙がこぼれてしまう人も少なくないのではないでしょうか。. 北原 美月(きたはら みづき).